夢未来みかんをつくる人々はすべてエコファーマー

エコファーマーとは?

 国の法律に基づいて「持続性の高い農業生産方式」の導入計画を作り,熊本県知事の認定を受けた農業者の愛称が
「エコファーマー」※です。

 近年、化学肥料や化学農薬の多用により生じる環境汚染や農地の生産力低下が大きな問題となっています。そのた
め、環境に配慮しつつ農地の生産力を維持・増進する農業を行う意義は非常に高まっています。



〇柑橘部会では、平成16年より部会員全員がエコファーマーの認証を受けています。
   (生産部高品質生産取組紹介資料より引用)

〇生産部生産プロジェクトが中心となって普及推進。

〇年2回~3回の地区別座談会での指導情報・報告内において、堆肥施用、有機配合肥料の施用指導による化学肥料の低減や、疑義農薬の使用絶対禁止(無登録農薬等使用による環境被害や人体被害が懸念される。)等を説明。


ストックヤードを、JA熊本市河内肥料倉庫内に設置。

〇供給風景

〇施用風景

〇袋物完熟堆肥も供給。




※ 熊本グリーン農業の「生産宣言・応援宣言制度」内の、生産宣言の1つ。


 エコファーマーについては、
  http://kumamoto-green.com/?page_id=4644


 熊本グリーン農業については、
  http://kumamoto-green.com/