夢未来日記

2020年07月のカレンダー
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
新着記事
・2020/06/22
・2020/05/15
・2020/04/04
・2020/03/26
・2020/03/25
過去ログ

『夢未来みかん料理コンテスト 2020』

皆さん、こんにちは(´▽`*)

JA熊本市柑橘部会では毎年『夢未来みかん』を使ったアイデア料理を募集し、

その料理の腕を競い合う『夢未来みかん料理コンテスト』を開催しています(*^-^*)

採点基準は料理の独創性、料理人の技や熱意、みかんの味をどれだけ引き立てれるかと

多岐にわたります。

そして今年は記念すべき10回目のコンテストです!みかんの可能性を求めて多数の応募

がありました(^O^)/

今回の料理部門の出品はこちら





みかんの新しい可能性を感じさせるアイデアあふれる料理が揃いました(^O^)/





多数の応募の中から厳選された出品者。一品ずつ審査を行います。

自慢の料理の審査の前に、緊張感が漂います。



自慢の料理について説明を行う出品者。



5名の審査員により一品ずつ、審査をしていただきます。



今回の料理部門の審査委員長 料理研究家の 西村 直子先生

西村先生からは料理部門の出品者に料理の評価だけでなく、もっとこうしたら味が引き立つなど、

貴重なアドバイスをしていただきました(*^-^*)

料理部門のあとはお菓子部門です(^^)

お菓子部門の出品はこちら





お菓子部門もハイレベルな出品が出揃いました(*^-^*)無限の可能性が感じられます。



みかんの味を最大限に引き出すスイーツをつくるアイデアを述べる出品者。

柔軟性あふれる若さを武器にチャレンジした料理を考案。





お菓子部門の5名の審査員。ハイレベルな出品を前に真剣な表情をしています。



お菓子部門の審査委員長を務めた フランス菓子 トワ・グリュ の三鶴 眞一シェフ。



今回の出品されたスイーツの独創性、味・見た目のインパクト・みかんの美味しさを引き立てるよう

な工夫があるかを審査した。新しい可能性を感じたのことです('ω')ノ

 
  • 2020/02/22 15:15